堆肥と肥料の違いと考え方

堆肥の役割

基本的に堆肥は土を豊かで快適な環境を作り出す有機物と考えてください。

土が豊かになる事によって結果としてバラなどの作物が健全に育つという事です。

つまり土の為のものです。

馬フン堆肥、牛フン堆肥、バーク堆肥などがあります。

有機物が主体ですので、土の改善に効果があります。

肥料の役割

肥料は、作物が育つ為に必要なチッ素、リン酸、カリ等の成分を含んだ作物の為のものです。

肥料には、必要成分を化学的に作った化成肥料と、自然のものから作られた有機質肥料があります。

化成肥料は即効性があり直接的に作物に効果を発揮しますが使いすぎると土を痛めたり濃度障害を起こし、作物を枯らす原因になる事があります。

有機質肥料はゆっくりと土になじみながら微生物などが分解を促し、根からゆっくりと吸収されていきます。

 

作物の為にも土の為にも有機質を上手く使う事をおすすめします。

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です