社長のコラム「梅雨時のバラの過ごし方」

ほとんどの地域では一番花が終わり、二番花が咲き始めたり新芽が伸びたりしていることでしょう。
しかし軽井沢のような標高の高い地域では寒い日が続いたり雨が多かったりしてまだまだ蕾の状態で
開花が遅れているようです。

まだ花がらや咲き終わった花をカットしていないようでしたら、枝の半分位のところで葉を残しながら
しっかりとカットしてください。

元気の良い株ならどこでカットしてもあまり気にすることはないと思いますが、株の弱っている場合は
多めに葉を残すように軽くカットしてください。

また一番花が終わり花をピンチするとシュートなどが勢いよく下から伸びてきます。シュートは蕾が
あずき大の大きさになる位まで伸ばし、他の枝の高さよりちょっと低いところでカットする事をお勧めします。

梅雨に入り雨が多く湿度が高くなると病気になりやすく注意が必要です。
鉢の場合はなるべく雨があたらない様にしてください。

また露地植えの場合は雨粒が土にはねてバラにかからないよう馬フンやチップなのでマルチするといいでしょう。

また急に日差しが強く当たると新しい芽や葉が焼けてしまう事があります。
曇ったり雨の日が続いたあとで急に太陽の光が強く当ったり気温が上昇するとき
は注意が必要です。

鉢ならちょっと日陰などに避難したりちょっとした遮光対策をしてください。

【まとめ】この時期は二番花の準備をしっかりと。
ピンチの場所は個々で選んで!
施肥、
病虫害の対策
水の管理

今は新苗の植え替えに最適な時期です。
売り切れ品種が出ています。お早目にどうぞ!

https://item.rakuten.co.jp/roseshop/c/0000001408/

0

COMMENTS

コメントを残す

Specify Facebook App ID and Secret in Super Socializer > Social Login section in admin panel for Facebook Login to work

Specify Google Client ID and Secret in Super Socializer > Social Login section in admin panel for Google Login to work