裸苗の注意点と賛否両論のあの問題

信州は寒い日が続いています。

さいわい島地方では雪が少なく、その点は助かっていますが、

大雪の地方も多いので注意が必要です。

雪には慣れているつもりでも大雪は大変です。

雪かき作業は重労働だし、雪下ろしは危険がつきものです。

ところで裸苗を鉢に植えこむ作業の真っ最中。

十分に水をつけて、バラ専用の土で植え込みます。

 

裸苗についてのこのときの注意点

  • 十分に根を水に浸けてください。根は乾かさないこと
  • 地上部分が株から20~25㎝位の高さまで茎を切ってください

接いである部分を土より上に出すか、土に被せてしまうかは賛否両論。

個人的にはどちらでも構わないという感じですが。

 

寒冷地の地方の方は、土を被せてしまう方をおすすめします。

なぜなら寒さに対して安心だからです。

 

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です