夏のバラはラベルのバラと違う?

夏になってラベルのバラの花と実際のバラの花が違うのでは?という問い合わせが多くなっています。
実際に違う場合もありますが、ほとんどの場合、バラの特性を理解していない為に起こる単なる勘違いです。
暑くなって来るとほとんどのバラの場合、花が小さくなり色が褪せて来ます。
黄色のバラが白っぽくなったり、茶色のバラが赤くなったり。
基本的にラベルやカタログのようなバラの花は、気温が15度から25度位の季節の写真です。
あまり驚かないで、涼しくなるのを楽しみに管理して下さい。
勿論、暑いので樹勢は落ち何となく元気がなくなってしまうのも、夏のバラの特徴です。

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です