新苗の植え方(鉢植え編)

バラの土がない場合は培養土でも良いです。

土を作る時は
堆肥(パーク堆肥や乾燥牛フン)を2~3割+赤玉中粒7~8割
又はピートモス2~3割+赤玉中粒7~8割にします。

土壌改良はとても重要です!!

※初心者の方はバラ専用の土を使用することをおすすめします。

>>よくある質問
Q.鉢はどのくらいのサイズを用意すればよいですか?
A.大体新苗は4号鉢に入っていますので、2回りほど大きめな鉢で6号鉢がちょうど良いサイズです。

←こんな感じで人さし指と中指で根元を押さえて、
鉢をひっくり返します。
うまく引き抜けないときには、
鉢の周りをシャベルなどでコンコンと軽く叩いてみてください。
根鉢はできるだけ壊さないように慎重に引き抜いて下さい。
まずは鉢の真ん中にバラ苗を置きます。

>>よくある質問
Q.肥料は入れなくても良い?
A.根に肥料が当たると、根焼けを起こして枯れてしまうことがありますので、肥料をいれない方が良いです。
肥料は植え付け後、1か月程度してから土の上から与えるのが安心です。

バラ専用の土をいれていきます。
この時にあまりギュウギュウと土を詰めないでください。
土を多めに入れたら、
最後に鉢を持って、トントンと軽く上下に落としたり、左右に振って土が均一に入るようにします。
↓土は赤い線のライン位まで入れて下さい。
接ぎ木用のテープより下までがベストです。
最後に青いラインのように、少しへこませてウォータースペースをあ けましょう。
最後にお水をたっぷり与えます。
鉢底からお水が流れ出てきて、一旦水が引いたら、
もう一度、お水をたっぷり与えます。
植え付け後、1か月程度したら肥料を与えましょう。

肥料は有機肥料が良いです。
当店オリジナルぼかし肥料がおすすめです。

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です