梅雨の時期、黒点病、黒星病、発生!退治はどうする?

2014-7-3更新

梅雨の時期、黒点病、黒星病、発生!退治はどうする?

 

梅雨の季節は病気が発生しやすい時期

バラの黒点病が発生!
梅雨の時期になると、湿気が高くなって、雨も降って、 病気が大発生。
とくに「黒点病」が気になりますね!
上の写真はかなり「黒点病」が発生しています。 どうしましょうか?

黒点病になる原因と対策

この時期になると上記の写真のように「黒点病」などの病気が増えてきます。
もちろん、バラの品種によっても発生の仕方は違いますし、露地植えと鉢栽培と では違ってきます。

原因は高温多湿な自然環境と雨水が直接バラに当たり、かつなかなか乾かない事です。
対策としては、できるだけ雨に当てない事と乾燥させる事ですが、 自然が相手ですのでそんなに上手くいきません。
そこで、大事になるのが薬剤散布です。
どんな状況のもとでも言える事ですが、病害虫の被害がひどくなる前に 予防的にかつ定期的に薬剤散布をする事です。

薬剤散布をしましょう

写真のように「黒点病」が進行してしまったら?
まずは、天気の良い日を見つけて薬剤散布をしましょう。
それも効果のある薬剤を使って(薬剤名 「ベンレート」 「サプロール」 「ダコニール」 罹ってしまった時の特効薬 「リドミルMZ」(ただし一度だけの効果))。
雨水が跳ね返らないようにバラの根元にチップなどでマルチをしましょう。

風通しを良くし、葉を落とさないことが大切

風通しを良くしましょう。
バラは葉が落ちて少なくなると元気がなくなってしまいます。
「黒点病」などは黒い斑点が増えてくると葉が黄化して落ちてしまいます。
また、太陽の光が急に当たっても落ちてしまいます。
葉をなるべく落とさないようにするためにも早めの手当てが大事です。

葉は取らないで!

注意、 「黒点病」になっている葉でも無理に取らない事。
一度病気になってしまった葉は元のように綺麗にはなりません。
しかし、必ずしも 落ちてしまうわけではありません。
落ちなければ多少黒ずみがあっても 光合成に寄与しますので大事にしてください。

この時期の露地植えのバラは「黒点病」になるのが普通、ぐらいの気持ちで バラの管理をする事もお忘れなく。

COMMENTS

2 thoughts on “梅雨の時期、黒点病、黒星病、発生!退治はどうする?

  1. はじめまして。

    黒星病の検索でたどり着きました。

    葉は庭屋さんに、菌が次から次へと移るからとって捨てて、と言われていました。
    (下に落としたままもよくないと)

    こちらで、取らないでとありましたが、実際全部にうつってしまい葉がいつも黒く春先だけしか元気ではないです泣 薬剤もあまりきかず、、

    一種類は今はすっかり坊主のようになってしまいました。他は取りきれないためみんな黒星病の葉っぱな感じです。

    それでもやはり残しておいた方がよいのでしょうか?

    1. ザ・ローズショップです。
      この度はお問い合わせいただきありがとうございます。

      黒点病は雨などによって土から跳ね返った糸状菌が葉に付着してかかる病気です。
      一度かかってしまうと、直ることはありません。
      樹から樹へうつるということはなく、土からの菌によってうつります。

      薬剤の散布は、かかる前にしていただく方がいいです。
      春先は元気だったということであれば、春先から定期的に散布していただくとかかりにくいです。
      黒点病の薬剤としましては
      ダコニール、トップジンM水和剤、サプロールなどがあります。いずれも希釈して散布する農薬になります。
      手っ取り早く散布するなら、トップジンMスプレー,ベニカX,ベニカXスプレーなどの
      スプレータイプのものがあります。
      いずれも、1種類ではなく数種を交互に散布していただく方が、耐性がつかなくおすすめです。

      土の表面からの跳ね返りが原因になりますので、マルチングをしていただくことをおすすめいたします。
      バークチップでもいいのですが、当店で販売しています馬フン堆肥がおすすめです。
      マルチングだけでなく、土にも栄養がいき、黒点病の予防になります。

      当店としましては、葉は光合成に必要なので、落ちるまではそのままにしておいていただくことをお勧めしています。
      落ちたら葉はすぐに取り除いてください。

      よろしくお願い申し上げます。

      ザ・ローズショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です