バラのよくある質問「バラFAQ」 バラ管理カレンダー > 4月のバラ苗、調子の悪いバラの対処法はこれだけ!

2015-3-29更新

4月のバラ苗、調子の悪いバラの対処法はこれだけ! (バラ職人)


順調に育っていたバラの元気がなくなってきた!

何年も育てている鉢のバラはあまり問題になりませんが、
今シーズン購入のバラ大苗が、順調に新芽が出てそのまま
生育すると思っていたら元気がなくなってきた、という話はよく聞きます。
原因はいろいろありますが、そんな時はどうするのが良いのでしょう?

大事なのはこれだけ。「何もしないこと」

答えは簡単です。

意外と思うかもしれませんが、「何もしないこと」。

慌てて水をやったり、肥料をあげたりすることは禁物です。
バラの根が弱っているので、そっと様子を見ることです。
大切なポイントは3つ。

・太陽の光を十分当てる。
・風通しを良くして湿気を抑える。
・土が湿っている時は水を与えない。

これらの事を守ってしばらく様子を見ることが大事です。

それでも葉が落ち枝や茎が真っ黒くなってしまったら
完全に枯れてしまったという事です。

完全に枯れてしまったら。悲しいけれど、次回の教訓にしましょう

もし、完全に枯れてしまったら原因を追究しましょう。
次に育てるときも、同じ状況にならないように
きちんと復習しましょう。

確認するポイントは、

・バラ苗を購入した時期。
・水のやり方。
・防寒対策の方法。
・肥料の有無。
・育てている環境(ベランダ、庭、家の中など)。
・育てている地域の特性(寒い、暑い、雪多い、天気の良し悪し、など)。

また、購入したお店に問い合わせることも大事です。

ザ・ローズショップでは、毎週水曜日15時~17時まで
お電話にてご相談をお受けしています。

お気軽にご相談くださいね。

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です