3月のバラのお手入れ

バラの季節ごとのお手入れ

今月のバラのお手入れ

●大苗の植え付け
●鉢苗の植え付け
●脇芽かき(任意)
●施肥開始(鉢)

3月バラ、気を付けること

アブラムシ・コガネムシやカミキリムシの幼虫

今月のアイテム

バラの芽が膨らみ、早いところでは芽が伸び始めます。
新芽のアブラムシ予防に殺虫剤などを撒いておくと安心です。
また、鉢植えに肥料を与えて芽を育てるようにします。

→無農薬でバラを育てたい方におすすめ!
天然素材ニームの木から作った「ハーブスプレー」(ニームオイル)

気温がどんどん上がっていく一方で、突然寒くなったりと、気が抜けないこの季節。
水や肥料のあげすぎに注意しながら、湿気やアブラムシなどの対策もしましょう。

3月にバラが枯れてしまう原因は何?水 肥料 湿気 3月の鉢植えのバラの水やりのコツやポイント 3月のバラ苗の生育状態は様々です

まだまだ出来ます!植え替えの仕方

苗が休眠に入っているこの時期は、根を崩して植え替えることができる数少ないチャンス。
花付きが悪かったり、元気のないバラは、もしかすると根が問題なのかも。
鉢の中で窮屈に育ってしまった根も、土を入れ替えてあげることで再生できるかもしれません!
ぜひ試してみてくださいね。

詳しくはこちらからどうぞ
→鉢の入れ替えの方法(根を崩して入れ替える場合)
→【バラ話】3年目の恐怖!?鉢植えの方必見!植え替えが必要な理由とポイント
→その他良くある質問はこちらからどうぞ

▼植え替えには「バラ専用の土」もおすすめ
当店の鉢植えにも使用しているプロ仕様のバラのために特別配合されたオリジナルの土です。
→「バラ専用の土」

バラの季節に備えて、肥料をあげてくださいね♪
▼ザ・ローズショップ特製ぼかし肥料もおすすめです!
◇「ぼかし肥料」は土の上に乗せて、長い期間じわじわと効いていくベースの肥料。
「置き肥」「置肥」とも呼ばれます。 (※「ぼかし肥料」とは「一次発酵済み有機肥料」のことです)

元気のないバラには、即効性のある液肥「元気くん」がおすすめです。


バラの元気のないときに与えたい即効性のある液肥
バラ専用有機液肥 元気585 1000cc (元気くん)

 

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です