バラ苗 バラ ガーデニング 有機栽培 バラ苗専門店

バラ専門店ザ・ローズショップ バラ苗や花束アレンジメント、プリザーブドフラワーなどを販売しています
1966年創業 バラ専門店ザ・ローズショップ バラ苗のご注文や花束アレンジのご注文を承ります The Rose Shop
ザ・ローズショップインターネット店は日本中の皆さまに夢と幸福をお届けして17年。347,720件の皆さまのメッセージをお届けしました。(2017年2月7日調べ)
いらっしゃいませ、 $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様
現在 $POINT$円分のポイント をお持ちです。
会員ランクは、 $MEMBER_STAGE_NAME$です。

【偽サイトにご注意ください】正しいURLアドレスであることをご確認ください(正)http://www.naganorose.co.jp/
【通常バラ苗の配送について】ご注文いただいてから配送の目安は2〜3営業日。お急ぎの方はお届け日指定をしない方が早く届きます!
【冬季の寒冷地への生花のお届けについて】恐れ入りますが、12月から3月頃までの寒冷地へのバラの花束の配送は凍結の恐れがあるため、 お休みをしております。 配送地域やお休み期間等、詳しくはスタッフまでお問い合わせくださいませ。  (バラ苗は通常通り配送しております)
まとめ買いがお得【バラ苗5千円以上ご購入で「ぼかし肥料1kg」1200円が200円OFF】ご購入時クーポンコード「bokashi」/ バラ苗MAX半額セール

映画 マイビューティフルガーデン バラの挿し木の仕方 挿し木でバラを増やす 長尺苗(ロング苗)バラ苗 バラの育て方 FAQ バラを育てる人におすすめの土 バラ専用の土

バラとガーデンが大好きな人におすすめの映画『マイビューティフルガーデン』に協賛しています
映画マイビューティフルガーデン
映画マイビューティフルガーデン
ローズ創業50周年特別企画
ザ・ローズショップ創業50周年セール

会員様は毎日ポイント2倍

翌日お届けできる商品
お急ぎの方はこちらをどうぞ!
フラワーギフトを当日発送→翌日お届け!

セール情報
ザ・ローズショップ The Rose Shop 会員登録
会員登録をして頂くと、購入時に利用できるポイントが貯まったり、スペシャルクーポンを利用できたり、お得がたくさん!


バラ苗

すべて見る

系統から選ぶ

ブランドから選ぶ

形状から選ぶ

おすすめ

ガーデニング資材

すべて見る

花束・アレンジメント

すべて見る

暮らしに花を!
雑貨的花倶楽部

すべて見る
電話相談 バラの悩み

大口注文承ります

バラのお悩みご相談はお電話でも受け付けています


新着アイテムをもっと見る>


人気ランキングをもっと見る>


インスタグラム

長野のガーデニングブログ
→『花咲かおじさんのバラとワイン』

ホーム > 「初めての方へ」ショップ インフォメーション > バラ苗の種類について

バラの苗の種類について


バラ苗 種類 大苗 新苗 裸苗

大苗

大苗は新苗を秋まで育てたもの。(別名:二年生苗とも呼ばれます)
裸苗を当店でバラ専用の土を入れた鉢へ植え付け、暫く養生したものとなります。
活動期に根鉢をくずさない限り、植え付けに失敗することはほぼ無いため、初心者の方でも安心して植え付けができます。

新苗

切り接ぎ、芽接ぎ、緑枝接ぎ、さし木などの方法で作られた一年未満の若いバラ苗を総称して、新苗とよんでいます。
おもに3月末〜6月末にかけて店頭に並びます。
大苗に比べて小さな苗ですが、植え痛みがほどんどない事と比較的に安価に手に入れる事ができるので、
最近人気が高くなっています。

「「新苗」とは何でしょう? 去年の夏から今年の二月中ごろまでに作られた新しい苗の総称です。
接いだところから始めて出た新芽を育てていくので株自体はまだ小さく 一本だけ出ているのが普通です。
しかしバラは生育が旺盛なので花を付けずに大きな鉢(最初は6号位)や 露地植えにして育てると
秋までにはかなり大きなバラに成長します。

新苗の育て方のポイントは、
・なるべく早く植え替えること。
・花を付けずに夏の終わりまでピンチを繰り返すこと。
・病害虫に気を付けること。
出来れば夏までに株を大きくしてしまうことが大事です。
十分に葉を茂らせることも大事です。
 (Byバラ職人)」

裸苗

根は、裸の状態で土はついておりません。
管理が十分できる人や寒冷地以外の人ですぐに植えこみができる人にはお薦めです。
(初めての方よりも、バラ苗の栽培に慣れた方向きの苗です)
根を乾燥しないように包装して送ります。
大苗や新苗とは違った特徴がありますので、ご確認ください。

長所

  • 苗自体を観察できるため「癌腫」などの病気が確認できる。
  • 土をはじめとして、最初から自分の思い通りにバラの管理が出来る。
  • 価格が安い。
短所
  • 寒冷地では防寒対策が必須である。
  • 手間がかかる。  
  • 販売期間が限られる。